育児が辛いときに思い出してほしい、精神分析家ウィニコットの言葉「ほど良い母親 Good enough mother」

 「完璧な母親」という理想に追いつめられる

 育児には幸せや楽しみも多いものの、身体的、精神的な負荷も多く、追い詰められてしまう人も多いのが現状です。
 
  もともと育児には正解がないため、常に、自分の育児が正しいのかどうかという不安がつきまといます。何らかの「正解」や「指標」が欲しいという一心で、本やネットからの情報や他の人の育児話から、目標とすべき「理想的な育児」や「完璧な母親」を思い描きますが、今度はその通り出来ないことで自分を責めるという悪循環に陥ってしまいます。特に、まじめで熱心な母親ほど、この「完璧な母親」になれないことで追いつめられてしまうことが多いように思います。
 

精神分析ウィニコットの言葉「ほど良い母親」

 子どもの精神療法をおこない、乳幼児の心理に関するユニークな概念を数多く生み出したイギリスの精神分析家・小児科医のウィニコットの言葉に「ほど良い母親(Good enough mother)」というものがあります。
 
 これは、いわゆる普通の、"ほどほどに良い"母親のことです。ウィニコットは、完璧な母親ではなく、この「ほど良い母親」による"ほどほどの育児"こそが乳児にとって大事であると考えました。「ほど良い母親」は、赤ちゃんの全てのニード全てに完璧に応えることは出来ません。時に見当違いのことをし、時に対応が遅くなり、時に応えられないこともあります。しかし、この不完全さこそ、赤ちゃんが自分の外側にある世界に気づいていくために必要なのです。
 

「ほど良い母親」が赤ちゃんにとって大事な理由

 ウィニコットは、生まれたばかりの赤ちゃんは、外側の世界や母親という存在、また自分自身の存在にさえも気づいていないと考えました。赤ちゃんにあるのはただ、空腹や睡眠などのニードだけです。それらは母親によって満たされますが、赤ちゃんは自分の外側の存在=母親がニードを満たしていることには気づかず、自分が魔術的にそれを生み出しているというような「万能感」を抱きます。
 
 赤ちゃんが産まれてしばらくの間、母親は育児だけを中心に生きるため、赤ちゃんのニードに適切に対応することができ、赤ちゃんもこの万能感を維持することが出来ます。しかし次第に、母親のこの適切な対応は次第に減っていくのが常であります。「ほど良い母親」であれば、育児に慣れてくると、少しずつ、赤ちゃんのニードにすぐに対応できないことや間違った対応をすることが出てきます。
 
 ですが、赤ちゃんは、こういった母親による不適切な対応やそれによるフラストレーションを経験することで、少しずつ、自己完結的な「万能感」を手放し、自分の外側に存在している世界というものに気づいていくのです。自分ではない母親という存在があること、自分自身も独立した存在であること、自分のニードは外部の母親によって満たされるが、それは完璧ではないこと…赤ちゃんがこういった「現実」に出会うためには、養育者が完璧にニードを満たす母親ではなく、時折失敗する「ほど良い母親」であることが大事なのです。
 

「ほど良い母親」であることを許す

 この過程は、赤ちゃんも母親も、それぞれの「現実」を受け入れる過程であると言うことができます。赤ちゃんは、ニードがいつでも適切に満たされるわけではないという「現実」を受け入れ、母親は自分が「完璧な母親」ではなく「ほど良い母親」にしかなれないことを受け入れるわけです。
 
 このとき、私たち養育者に必要なのは、「完璧な母親」ではなく「ほど良い母親」こそが赤ちゃんの成長に欠かせないのだという方向に価値観を転換させることなのでしょう。巷にあふれる育児情報をみていると、"あれもこれも出来なければならない"と焦りを感じてしまうこともあるかもしれません。しかし、そういう時こそ、このウィニコットの言葉を思い出し、理想通りできなくてもいい、時に間違える母親でいいのだと、「ほど良い母親」でいることを自分に許してあげてほしいと思います。

 

改訳 遊ぶことと現実

改訳 遊ぶことと現実